Terms of Use (2009)/ja

From the Wikimedia Foundation
Jump to: navigation, search

Template:ToULang

Information

サイトのフッターおよび編集画面において明確にこの利用規約に言及している、ウィキメディア財団のいかなるプロジェクトにも、この利用規約が適用されます。

全ての人が自由に全人類の知識の総体を享受できる世界を、想像してみてください。それが私たちの、誓約なのです。
ウィキメディア財団のビジョン・ステートメント

ウィキメディア・プロジェクトにテキストを投稿される方へ

自由な知識と自由な文化の共有資源を育てるために、ウィキメディア・プロジェクトに投稿するすべての利用者は、自身が投稿したものを他人が自由に再配布し、また再利用することについては、その際に帰属が表示され、かつ、いかなる派生作品に対しても再利用と再配布の同じ自由が適用される限りは、一般公衆に対して広範な許諾を与えるように要求されています。 そのため、あなたは、あなたが著作権を保有しているテキストについては、それを投稿することで、クリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンス 3.0 (Unported)(略記はCC-BY-SA)の下でライセンスすることに同意するものとします。 また、互換性にまつわる理由から、 あなたはそれをGNU Free Documentation License (バージョン限定無し、変更不可部分 "Invariant Sections"無し、表表紙テクスト "Front-Cover Texts"無し、裏表紙テクスト "Back-Cover Texts"無し)の下でライセンスすることも要求されます(略記はGFDL)。再利用者は、自身が従うことを希望するライセンスを、このふたつから選択することが出来ます。 これらのライセンスは、利用が許諾条件を満たす限り、あなたの投稿の商業利用を認めていることにご注意ください。 

著作者として、あなたは、次に示されるどの帰属表示の仕方にも合意するものとします: a) あなたが投稿した記事へのハイパーリンク(可能であれば)もしくはその記事のURLを表示すること。 b) ライセンスの条件を満たし、自由なアクセスが可能で、このウェブサイト上で提供されるのと同等な方法によって著作者に対するクレジットを表示する、オンライン上の安定した複製物を、あなたの投稿した記事の代わりに用いて、これへのハイパーリンク(可能であれば)もしくはそのURLを表示すること。 c) すべての著作者のリストによる帰属表示。 (このリストは、極めて小さな、あるいは無関係な投稿を除外して作成することが出来るものとします。)

テキストのインポート:

もし、あなたがどこかで見つけたテキストを、あるいは他人と共同で著したテキストをインポートしたい場合、それがCC-BY-SAライセンスと互換性のある条件の下で提供されているのであれば、インポートすることが出来ます。なお、インポートされたテキストが、GNU Free Documentation Licenseの下で利用できることを確認したり、保証する必要はありません。さらに、 GFDL下でのみ提供されている情報のインポートはできないことにご注意下さい。 言い換えると、あなたがインポートできるテキストは次のものに限定されます。 (a) CC-BY-SAライセンスと互換性のある条件下にある、単一ライセンス下にあるもの。 (b) デュアルライセンス下にあって、GFDL、および、CC-BY-SAライセンスと互換性のある条件を備えるもうひとつのライセンス下にあるもの。

帰属表示を要請する、互換性のあるライセンス下にあるテキストをインポートする場合、あなたは合理的な方法によって執筆者のクレジットを表示しなければなりません。 そのようなクレジットが通常ページの履歴を通じて提供されるような場面(たとえばウィキメディア内での複製など)では、要約欄で帰属表示を行うことで十分で、それ(要約欄の帰属表示)はテキストをインポートする際にページの履歴に記録されることになります。なお、ライセンスに関わらず、必要とされる帰属表示があまりに邪魔になると見なされた場合には、インポートが却下されることがあります。

テキストでないメディアファイルを投稿される方へ

ウィキメディア財団プロジェクトにおける、テキストでないメディアファイルは、制約から自由な再利用および再配布を許容するという一般的な目的を支持するような、さまざまなライセンスの下で提供されています。そのようなライセンスに求められる要件はウィキメディア財団のライセンスポリシーにて示されています。 個々のコミュニティは、これらの要件について更に詳細な取り決めをすることがあります。

再利用をされる方へ

フェアユースに従って利用されているもの、またはそれに類する著作権の制限・免除規定などによって利用されているものを除き、あなたは、ウィキメディアプロジェクトにあるコンテンツを自由に再利用することができます。以下のガイドラインに従ってください:

テキストの再利用について:

  • 表示: テキストが掲載されているページをいかなる形であれ再配布するためには、次の内どれかを含めることで著作者に対するクレジットを表示します。 a) 再利用元ページへのハイパーリンク(可能であれば)もしくはURLを表示すること。 b) ライセンスの条件を満たし、自由なアクセスが可能で、このウェブサイト上で提供されるのと同等な方法をもって執筆者に対するクレジットを表示する、オンライン上の安定した複製物を再利用するページの代替物として、これへのハイパーリンク(可能であれば)もしくはURLを表示すること。 c) すべての著作者のリストによるクレジット表示。 (このリストは、極めて小さな、あるいは無関係な投稿を除外して作成することが出来るものとします。) この要件は、ウィキメディア・コミュニティの展開するテキストに適用されます。外部情報源からのテキストは、テキストについての表示の要求事項を追加することがあります。私たちはこのような要求事項をあなたに明確に伝えるよう努力します。たとえば、一部またすべてのコンテンツが本来どこそこで公開されたものであると表示する、バナーや注意書きがページ上にあるかもしれません。 そのような注意書きがページ内の見えるところに配置されている場合は、それらは一般に再利用者によっても維持されるべきものです。
  • コピーレフト/継承: あなたが再利用するページに対して修正を施したり添加したりした場合、それを クリエイティブ・コモンズ - 表示-継承ライセンス 3.0 またはそれ以降のライセンス下で提供しなければなりません。
  • 変更の明示: あなたは、変更や追記をした場合、原著作物が変更されている旨を、合理的な方法をもって表示しなければなりません。たとえば、wikiでページを再利用している場合、ページ履歴に表示することで足ります。
  • ライセンスに関するノーティス: あなたが頒布するすべての複製物または変更物は、その作品がCC-BY-SAの下で公開されていることのノーティス、および a) ライセンスへのハイパーリンクもしくはURL、 または b) ライセンスの複製 を含んでいなければなりません。 この目的のための、適切なURLは次のとおりです。: http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/

GNU Free Documentation Licenseによるテキストの追加的提供について:

  • あるページがCC-BY-SAライセンスでのみ利用できるテキストを含んでおらず、また、CC-BY-SAライセンスと互換性をもつライセンスの下でのみ利用できるテキストも含んでいないページであれば、そのページは互換性上の理由から、GNU Free Documentation Licenseの下でも提供されています。 あるページがGFDL下で提供されているかどうかを判断するためには、ページのフッターや履歴、ノートのページをチェックして、GFDLと互換性のない単一ライセンス下にあるコンテンツがある旨の表示があるかどうか見て下さい。2009年6月15日以前に公開されたすべてのテキストは、GFDL下で公開されたものであり、あなたは、GFDLとの互換性を確かなものにするために、ページの履歴を利用してその日以前のコンテンツを取りだすこともできます。

テキストでないメディアの再利用について:

  • 特別断りがない場合には、テキストでないメディアファイルは、ウィキメディア財団のライセンスポリシーにのっとり、様々なフリー・カルチャー・ライセンスの下で提供されています。個別のメディアファイルのライセンスについては、その詳細を記述するファイル解説ページをご覧ください。

英語版利用規約の優位性

サイトのこれらの規約は変更されるべきものではありません。これら条項と他言語に翻訳されたものとの間に矛盾がある場合、英語版が優先されます。