ウィキメディア財団について

From the Wikimedia Foundation
(Redirected from ウィキメディア財団)
Jump to: navigation, search

ウィキメディア財団 (Wikimedia Foundation Inc., 略称 WMF) は、多種多様のフリー・コンテンツ・プロジェクトを統括する組織です。中でも多くの賞を受賞したオンライン百科事典ウィキペディアが特に知られています。

財団の使命はなんですか?

世界中の人びとが、パブリックドメイン、もしくは自由なコンテンツのライセンスの下で、教育のためのコンテンツを蒐集・発展させる活動の促進、また生み出されたコンテンツを効果的かつ全世界に広めることが、財団の使命です。

この使命を果たすべく、国別協会のネットワークと協同して、多言語展開するウィキ・プロジェクトやその他の努力の支援・発展のための根本的基盤と組織化された枠組みとを、財団は提供します。また、インターネット上で利用可能なわれわれのプロジェクトのもつ有用な情報を、恒久的に、無料で提供します。

ミッション・ステートメントもご覧ください。

慈善団体ですか?

ウィキメディアは、アメリカ合衆国フロリダ州法にもとづいて法人化されている非営利の慈善団体です。監査が終了し、慈善団体紹介サイトガイドスターおよびその提携サイトでウィキメディア財団は慈善団体として掲載されるようになりました。ウィキメディア財団はアメリカ合衆国の連邦内国歳入法501条c項3号に定める減免団体です。

ウィキメディア財団の設立は、2003年6月20日に、ウィキペディア創設者ジミー・ウェールズにより公式発表されました。ウィキメディア財団附属定款をインターネット上でご覧いただけます。

どんなプロジェクトを維持しているのですか?

ウィキメディア財団は、世界中で訪問者数のもっとも多い10のウェブサイトの一つにあげられる、著名なオンラインの百科事典であるウィキペディアを維持しています。2001年1月の創立、また2003年6月のウィキメディア財団設置からの成長は驚異的なものでした。われわれが最初にはじめたプロジェクトである英語版ウィキペディアは、財団設立当時の13万5000項目から、現在180万項目にまで拡大しました。ウィキペディアは他に8言語版で25万を超える項目数を誇っています。

そして、ウィキメディア財団はウィキペディア以外にもいくつかのプロジェクトをも運営しています。そのなかには、自由な画像やその他のメディアの集積所であるウィキメディア・コモンズがあります。コモンズでは2006年11月に画像の数が100万を越えました。自由な辞書であるウィクショナリーは、8言語版の辞書において5万を越える項目をもち、うち3言語版の辞書が15万項目を超えています。原典アーカイブのウィキソースは、15万近いページをもっていますし、ウィキクォート(引用句集)、ウィキブックス(共同執筆による教科書)、ウィキニュース(市民ニュース)、そしてウィキバーシティ(カリキュラム開発)は、いずれも順調に発展をつづけています。

全体では、われわれのプロジェクトには、780万のページ、220万の画像、500万の登録ユーザがいることとなります。

Wikitravel、Omegawiki、Wikiaは、ウィキメディア財団の管理下にない、独立したウィキです。

詳しい情報は、ウィキメディア財団のプロジェクトをご覧ください。

財団はどのように運営されていますか?

ウィキメディアの理事会はNPOである財団を運営し、寄付の募集と支出を監理しています。理事会はウィキメディア財団の最高議決機関です(ウィキメディア財団規約第4条第1項)。理事会は財団の活動を指導する権限を持ちます。

このサイトでは、2005年末までの理事会要録の完全な一覧を公開しています。

2006年、理事会の運営は、議事録(通例公開されない)と決議との二元体制に切り替わりました。また、2006年6月には委員会制を発足し初代事務長(Executive Director)ブラッド・パトリックを雇用しました。理事、職員、委員、開発者、コミュニティの交流は、オンライン(ウィキやメーリングリスト、インターネット・チャット (IRC))で行っています。それだけでなく、直接顔をあわせての会議を、ウィキマニア(年次会議)や理事会再編、その他の理事会会議でも行っています。

財団事務所はカリフォルニア州(アメリカ合衆国)に1つだけあり、少人数の職員が勤務しています。全理事、ほかの職員は、「在宅勤務」です。職員は16人ですが(2008年2月)、これには理事からコンテンツ校正者まで含めた多くのボランティアは入っていません。

2006年末、大掛かりな組織変更が行われ、3ヶ月で全部で4人の理事が改まり、理事長が交代し、顧問委員会を創設し、規約の改定などを行いました。

財団の活動についての案内は、以下に掲げるページにあります。

 ウィキメディア財団理事は誰ですか?

現在の理事の略歴と任期は、理事会で御覧ください。

Advisory Board(顧問委員会)が理事会をサポートします。

ウィキメディア財団の職員は誰ですか?

現在の職員についての情報はStaffをご覧ください。

 使命をどのように果たすつもりでしょうか?

ウィキメディア財団はウィキメディアのサーバ、ウィキメディア・プロジェクトすべてのドメイン名とプロジェクト名の商標、また MediaWiki の商標を所有しています。財団はプロジェクトを機能させるための費用をほぼすべて負担しています。プロジェクトの投稿者は、自身の著作物について著作権を維持する代りに、永久にだれもがどんな目的にも使うことを許可する自由なライセンス(多くの場合GNU フリー文書利用許諾契約書参考日本語訳)のもとにリリースしなければなりません。このフリーコンテントの原則によって、われわれは永遠にこれらの投稿内容が人類の手から失われないことを確実にします。

財団はまた、さらなるプロジェクトの発展、人びとの連携、他の団体との共同でのプロモーションなどにおいて、大いなる革新を続けています。すなわち、われわれのプロジェクトにはそれぞれ異なった技術的要件があり、ソフトウェア開発者たちによる小さいながら有能なチームが対処しています。2007年は品質の保証がもっとも重視されました。たとえば、ウィキペディアの項目などの内容で、信用しうる版を選び出すメカニズムなどの開発がなされました。

財団の努力を確実に実らせるためには世界中の組織や企業との連携が欠かせません。われわれの財政計画にはそのような戦略的な連携、また、ますます成長するさまざまな国における国別協会ネットワークの調整のため資金が含まれています。

収入の使途は?

ウィキメディア財団の支出の大部分はわれわれのプログラムの維持にあります。ウェブサイトを維持するためのハードウェアと帯域の費用捻出が第一です。

ハードウェア、ホスティング料、帯域費用がウィキメディア財団で特に大きい3つの支出項目です。要求に対応するために、所有するコンピュータの量は堅調に増加してきました。ハードウェアのステータスは頻繁に変更されます。Wikimedia hardware statusをご参照ください。

この増加の原因は帯域が大きくなったことにあります。2006年末、Comscoreのユニーク・ビジター数によるランキングで、「ウィキペディア・サイト群」は世界で6番目のサイトとして掲載されました (*)。われわれの中心的存在、ウィキペディアへは、1分間につき28万回のアクセスがあります。WMFは、安定したシステム運営のために必要な資本および運営上の責任について配慮しています。2007年には、この費用だけでも250万ドルに達する見込みです。
(*) インターネット・カフェなどの公共端末、携帯電話、PDAからのアクセスは除外

ドメイン登録および商標もまたウィキメディアの支出の一部を占めます。財団はすでに利用中のドメイン名、また派生的な、あるいはほんの少しだけ関係のあるドメイン名をいくつか所有していますが、未取得のものや、すでに取得されてしまっているものもあります。

事務所の職員が増えたため運営費も増加しました。総体的に見て、収入の大部分がインターネットを通じた寄付に依存しているため、寄付募集に係る費用は低く抑えられています。ウィキメディア財団は、ダイレクトメールを使った広告キャンペーンは行っていません。ウィキメディア財団の活動はインターネット上でなされ、そのおなじバーチャル空間でコミュニケーションを行い、また、寄付をお願いしているという感覚があります。現在まで、これでうまくやってきています。

過去のコストが低く抑えられているのは、ほぼすべての人びとが無給で助け合っているためです。

2007-2008年予算も御覧ください。

資金源はどのようになっていますか?

2007年7月の時点で、ウィキメディアの資金は基本的に個人からの寄付によるものですが、無償援助やサーバ、ホストの提供もありました(援助についてを御覧ください)。

ウィキメディア財団は世界中で50を越える国々からの寄付を受け取ってきました。WMFへの援助の寄付の多くは英語圏(アメリカ合衆国、イギリス、カナダ、オーストラリア)より寄せられています。匿名の方々よりの寄付が半数を超えました。個々の寄付はあまり高額でないとしても、その数の膨大さによって私たちの成功の裏づけとなりました。

ウィキメディア財団は、さらなる交付金やスポンサー提携、ウィキリーダーズ(教科書やウィキペディアの項目のPDFバージョン)の販売などのさらなる利益の確保によって、収入を増加させることを目指しています。また、ウィキペディア1.0プロジェクトなどの、ウィキペディアの内容から再編した印刷版の出版計画も議論されています。

現在、財団は広告掲載費を収入源としておりません。

ウィキメディア財団は米国連邦内国歳入法501条c項3号の減免税資格をアメリカ合衆国で得ています。他国からの寄付も税控除が可能である場合があります。詳細は寄付金の税控除をご覧ください。寄付のページでPayPal、MoneyBookersまたは郵便を通じた寄付の方法を確認していただけます。その他の種類の寄付については、スー・ガードナー sgardner at wikimedia.orgとご相談ください。

監査された財務諸表はどうなっていますか?

2004-6会計年度についての財務諸表は、Gregory Sharer & Stuart[1]事務所により検査され、一般に公正妥当と認められる会計原則(USGAAP)にしたがって作成されました。

財務諸表へのリンク: Financial statements 2006-2007 財務諸表

最新の財務情報はファイナンシャル・レポートをご覧ください。

Wikiaってなんですか? ウィキペディアの一部ですか? ウィキメディア財団のプロジェクトなんですか?

ウィキメディア財団はフリーコンテントの発展と増進を目的とするフロリダ州NPO法人です。2004年、ジミー・ウェールズとアンジェラ・ビーズリーが、ウィキメディアのプロジェクトと同じようなモデルを使ってウィキメディアのプロジェクトのどれにも向かないようなコンテンツのためのウィキをたくさん設けようと、ウィキア (Wikia, Inc.) を設立しました。ウィキアの創設者は、たしかにその当時の3人の財団理事、ジミー・ウェールズとアンジェラ・ビーズリーとマイケル・デイヴィスです。が、Wikia はウィキメディア財団とは完全に別の組織です。

ウィキアのサイト群はウィキペディアに似ているといえるかもしれません。どちらとも、だれもが編集できるフリーコンテントがその基礎です。まったく異なる見方もあります。より細に入った内容、ファンガイド特集、旅行案内、ウィキの手引き、そして、ウィキペディアの有名なパロディであるアンサイクロペディアといったものがウィキアの内容です。寄付を資金とするウィキペディアと異なり、ウィキアは投資家や広告収入を資金源とします。

ウィキメディアとウィキアは健全な関係にあり、また、片方に関わる人がもう片方でも盛んに活動しているのは珍しくないことです。しかし両者は、異なるビジネス・モデルを持つ別々の組織です。

ウィキアとウィキメディアの関係については、ウィキアはウィキペディアやウィキメディア財団の商業版ではありませんを御覧ください。

財団に連絡を取るには?

連絡先に詳細が書かれています。