ウィキメディアのロゴの使用についての指針

From the Wikimedia Foundation
Jump to: navigation, search

警告:このページはウィキメディア財団の方針を翻訳したものです。訳文はあくまでも参考としてのみ提供されるものであり、正式な方針の代わりになるものではありません。
ここにある方針の原文が、唯一の正文であり公式の文書です。


このスタイル指針は財団の公式方針です。

ウィキメディア・スタイル指針

ここに掲げる指針は、各種のウィキメディアプロジェクトの適切なページからリンクされるべきであって、コピー&ペーストしないようお願いします。

このスタイル指針について

ウィキメディアは世界中の数多くのボランティアが参加するという考え方を持っています。この分散した組織が、ウィキメディアという単一の組織として認識されることはとても重要なことです。このために、共通の目標はもちろんのこと、視覚の面でも共通のアイデンティティ(ブランド)を有します。

この指針は商標、ロゴ、色が最善な形で扱われるよう、明確な決まりをウィキメディアの内外に示すために作られています。ウィキメディアのロゴからの派生製作物は、財団の承認なく出版してはならないことに留意してください。

ウィキメディアの署名:ロゴ

ウィキメディアの署名はウィキメディアのロゴです。ロゴは、シンボルと名前で構成されています。シンボルと名前は、密接な関係があり、以下の限定に従って使用されるべきです。このスタイル指針では、ウィキメディアの同一性を確保するために、いかなる場合でも従うべき基本原則について述べています。

カラーロゴ

ロゴは赤・緑・青・鼠色の4色で成り立っています。この4色は異なる様々な媒体での出版のために定義されたものであり、変更すべきではありません。

配色は下記の配色表の節にあります。

  • 色付きロゴの例

Logo colors wikimedia.png

白黒で使う場合は、次節、次々節をご覧ください。

グレースケールロゴ

この画像はグレースケールが表現できる白黒環境用に用意されています。カラー画像をグレースケール環境に自動変換したのでは適切な表現にならない場合があります。下記の配色表の節で指定されたグレースケール値を使用してください。

  • グレースケールロゴの例

Logo grayscale wikimedia.png

白黒ロゴ

ファックス、ゴム版、販促用品などのようなグレースケールが表現できない白黒2値の環境で必要になるロゴです。背景が明るければ黒色を使用し、背景が暗ければ白色を使用すべきです。

  • 白黒2値ロゴの例

Logo blackwhite wikimedia.png Logo blackwhite negative wikimedia.png

配置

ロゴは、それが適切な場合はページの右上に表示すべきです。また、ロゴの周りには少なくとも赤円の直径分の余白が必要です。 Margin.png

ロゴの使用法

カラーのロゴは背景が白色かかなり明るい灰色(最大でも黒色が15%まで)で使用されるべきで、色がついた背景で使用すべきではありません。また、回転させたり歪めたりして使用してはいけません。 Logo donts.png

配色表

CMYK (印刷用) パントーン (印刷用、代替的指定) RGB (画面用) グレースケール
C M Y K コート紙 上質紙 R G B 16進数表記
赤色 25% 100% 100% 25% 1805 該当なし 153 0 0 #990000 75%
青色 93% 58% 18% 2% 301 267 0 102 153 #006699 50%
緑色 80% 15% 75% 0% 348 348 51 153 102 #339966 25%
"WIKIMEDIA"の文字 0% 0% 0% 75% 446 443 72 72 72 #484848 75%
副題 0% 0% 0% 60% Cool Grey 11 Cool Grey 11 102 102 102 #666666 60%

ロゴへの挿入

ウィキメディアのロゴは基本的にどの支部においても視覚的に同一であり、即座に当組織のシンボルとして認識できるデザインです。しかし、ウィキメディア内部の組織構成、主に財団と地域支部とを区別するために、若干の改変を加えたほうが都合がよいであろう場合もあります。

財団と地域支部のウェブサイト上では、以下のルールが適用されます。

  • 図形部はそのままの形で使用し、"WIKIMEDIA"の文字の下に副題を挿入したものを使用します。
  • 副題はローカライズすることができます(国の名称を、現地の文字で表現する場合など)。副題は単一行もしくは複数行で構成でき、その場にふさわしい文字体形を利用できます。ただし、"WIKIMEDIA"のロゴはローカライズしてはなりません。アルファベットのままで使用してください。
  • 副題は"WIKIMEDIA"の60%の大きさで、60%の黒色です。フォントはGillSans bold ですが、ない場合はDejaVu Sans で代用してください。

以下は使用例です。

Wikimediafoundation-logo.png WikimediaCH-logo135px.png Wikimediadeutschland-logo135px.png Wikimediaserbiamontenegro-logo135px.png

便箋と名刺

正確性を確保するために便箋や名刺で、ローカライズされたウィキメディアのロゴを使用してはいけません。しかし、財団の支部ではローカライズされたロゴを目立つように表示すべきです。

ウィキメディア財団や関係組織の正式な許可を得ることなく便箋や名刺にロゴを使用することはできません。便箋と名刺に関するガイドラインについては、ウィキメディア財団地域支部までお問い合わせ下さい。

フォント

ロゴのフォントは「GillSans」です。印刷物ではできる限り「GillSans」を使用すべきです。しかし、大抵のコンピュータでは使用できませんので、手紙やファックス、資料の本文中では「Arial」を使用することが推奨されます。「Arial」は大抵のコンピュータにインストールされているので、ほとんど問題なくコンピュータ文書を読むことができます。

訳注 コンピュータでは本文では「Arial」を使用し、本文以外では画像を使用すべきという意味だと思われます。

「Gill Sans」細字

Font gill sans light.png

「Gill Sans」標準

Font gill sans regular.png

「Gill Sans」太字

Font gill sans bold.png